〜自動車っていつごろ出来たの?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

TOP > 自動車っていつごろ出来たの?

自動車の歴史に関する疑問のページです。

自動車の歴史に関するページです。

自動車の始まりはいつなのでしょう?起源は?どこで生まれたの?このページではそんな自動車の歴史の疑問ついて紹介しています。

ここから「自動車の歴史」について説明しています。 キュニョーの砲車画像

自動車の始まりは?

自動車の始まりは、現代の内燃エンジン(レシプロロータリー)ではなく蒸気の動力で走る「蒸気自動車」が起源とされています。蒸気自動車が生まれたのは1769年頃、18世紀フランスの軍事技術者「ニコラ=ジョゼフ・キュニョー」が蒸気三輪自動車を発明したことが自動車の起源とされています。

その後、1831年にイギリスの発明家「ゴールズワージー・ガーニー」や「ウォルター・ハンコック」が、蒸気機関を搭載した乗合自動車(バス)を製作し実用化されていました。

当時の人達の交通手段である「馬」から蒸気を利用した自動車は非常に珍しく画期的な乗り物とされ「馬なし馬車」と呼ばれるようになりましたが、馬を利用したバス(乗合馬車)の団体の圧力や、蒸気特有の騒音や公害によりやがて衰退していきました。イギリスでの蒸気自動車は定着しませんでしたが、1897年にアメリカの「スタンレー社」が蒸気ボイラーの小型化に成功し生産を始め、日本でも1901年に横浜の貿易会社がアメリカの「ロコモービル社」の蒸気自動車を輸入し実用化されました。

一方、内燃機関(エンジン)を搭載した自動車の始まりは、1870年オーストリアの発明家「ジークフリート・サミュエル・マルクス」が、荷車にガソリンを燃料にし走行する自動車を発明。1876年にはドイツの発明家「ニコラウス・オットー」がガソリンエンジンを造ると(現在でも言われる「オットーサイクルエンジン」の由来)同じくドイツの技術者「ゴットリープ・ダイムラー」がこれを改良し、1890年に「ダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフト社」(DMG)をダイムラーのパートナーである「ウィルヘルム・マイバッハ」と共に設立し1892年に自動車販売を開始しました。

ベンツ社製3輪自動車画像

ドイツでは同時期(1885年)に技術者の「カール・ベンツ」もガソリンを動力とした3輪自動車を発明していました。DMG社はやがてカール・ベンツが設立した「ベンツ社」と合併することになり、1926年に「ダイムラー・ベンツ社」が誕生しました。これらのことから、ガソリン自動車を初めて発明したのは「ダイムラーとベンツ」と言われています。

フォード・T型ツーリング画像

量産自動車の始まり

現在の自動車工場のように量産体制を発明し採用したのが1907年にアメリカの「ヘンリー・フォード社」が量産した「フォード・T型」です。フォードは流れ作業により自動車を大量生産することにより販売価格を下げ、一部の富裕層の所有物であった自動車を大衆が所有可能になった為、自動車産業は巨大なものになりました。
フォードは2度の会社設立に失敗しましたが、3度目の会社が成功し現在にまで至っています。1909年には1年間で1万8千台もの台数を生産し、1913年に世界初の「ベルトコンベアによる組立ライン」を導入。年間の生産台数は25万台を超え1920年までに100万台を突破し、アメリカの自動車の半数はT型フォードとなりました。

蒸気自動車と内燃機関自動車の歴史図